言葉の贈り物
4月24日

時分の花を誠の花と知る心が、真実の花になほ遠ざかる心なり。ただ、人ごとに、この時分の花に迷ひて、やがて、花の失(ウ)するをも知らず。

世阿弥
  └野上豊一郎・西尾実校訂
『風姿花伝』
  └岩波文庫 青1-1


# 広辞苑トップ